人気の脂肪吸引

美容外科では脂肪吸引がとても人気です。どのような脂肪吸引があるのでしょう。まず一番多い個所はウエストやお腹の脂肪吸引です。他にも太ももや二の腕、お尻や顎の下なども人気個所の1つです。

また、まぶたの脂肪吸引や涙袋の吸引なども、アンチエイジングの1つとして行う人がいるとのこと。また脂肪吸引をしてバストに入れる場合などは、吸引と注入の両方を同時に行う施術もあります。特にウエストやお腹の脂肪を取り、それをバストに入れるというのも人気があり、ボディのメリハリをしっかり付けたい人が行います。

脂肪吸引をバストに入れる場合は、例えばAカップの人がDカップ、Eカップになるのはまず無理と考えましょう。Aカップの人ならBカップ程度になるというものです。また数年で脂肪は体内に吸収されてしまいます。しかしこの方法は思い切ったバストアップはできませんが、とてもナチュラルなバストアップが期待できるところが人気のようです。

ただし、脂肪を吸引したところがデコボコになったり、注入したときにデコボコになったりすることもあります。注入の場合は時間とともに平になっていくことが多いようですが、やはり吸引したときにできるデコボコは残ってしまうことも多いとも言われています。

美容外科の失敗

美容外科は今多くの人が利用していますが、あまり安易に考えてはいけないのではないでしょうか。特に失敗などないと思ってどんどん整形をし続けることもあります。しかしやはりメスを使う手術はとても危険なもの。安易に考えるものではありません。

またメスを使わないプチ整形だからといっても失敗のリスクも覚悟は必要です。その上で行いたいなら、できるだけ技術の上手い医師を選ぶようにしましょう。また脂肪吸引なども、ただ取ることで細くなれると思われがちですが、実は脂肪を吸入したところがデコボコになってしまったという事例もあります。

また当然麻酔なども使うので、医師の失敗が命取りになることだってあり得ます。そんなリスクもきちんと納得した上で、どうしてもしたいなら行うようにしましょう。安易に美しくなれるというイメージだけは避けるようにしましょう。またそれらのリスクをきちんと説明しない医師も避けるべきでしょう。

しかし美容外科で美容整形をした結果、とても幸せになったという人はもちろんたくさんいて、失敗はそんな人たちの数%ということになるでしょう。しかし数%でもある場合は、そのリスクもしっかり考えるようにしたいものです。これからますますこの分野は広がっても、どのようなときでもリスクも忘れないことも大切です。

美容外科の内容

美容外科は最近一般の人でも利用するようになってきた分野ですが、どのような施術を中心に行なうのでしょう。美容外科と美容皮膚科とは被さる施術も多く、どちらでも行っているという場合もあるようですが、美容外科の中に美容皮膚科の診察日を設定している病院もあるとのこと。

美容外科ではいろいろな体の部分を改善することができます。現在はメスを使わないプチ整形なども人気があり、若い人からアンチエイジングを求めて中高年の人まで行っているとのこと。メスを使わないものには、縫ったり注射によって整形をしていきます。

目であっても、メスを使ってしっかり整形するものから、糸で縫ってそのままの状態にするものや、注射で薬品を入れて膨らませたりもできます。また脂肪を抜いてすっきりさせることも。このようにさまざまな施術が美容外科では行われているのです。

シワやたるみ、ほくろ、イボなどを取るというのは美容皮膚科とも重なる施術の1つです。また脱毛なども美容外科でも美容皮膚科でも行っているところが多くあります。どちらもレーザーなどを使って施術します。また豊胸手術などは美容外科ならではの人気手術ではないでしょうか。

豊胸手術は脂肪注入したり、シリコン、食塩水などがあります。今は脂肪吸引による脂肪注入が自然で人気がありますが、いずれ消えていってしまうので再度施術することが必要となるタイプです。またわきが手術も美容外科では多く行われていますが、切らずに行う方法などいろいろな選択肢があります。

関連リンク【SAPPORO CHUOH CLINIC